貴女らしい演技を

昨日の午前中に知人から電話があり、3月末までウチには行けそうにないとのコト。
彼がやってくれないと、スケネタだけを取り出してブログ移行が出来そうにありません。
(私のパソコンはメゲてるし…)
ウーン…五輪が終わってからと思っていましたが、4月まで待てないし(庭改造の日記も始めたいので)もう今日で新しいブログに移行する事に致しました。

わずかな期間の自己満足ブログでしたが、読んで下さった方には心からお礼申し上げますm(_ _)m
これからは、日常の中の《非日常的な楽しみ》を見つけてはenjoyする毎日を綴って行きたいと思っておりまーす。
想像するだにカオスな…(笑)
なお以前にも記載しましたが、私の愛犬と愛猫の病気に関する過去の内容でお役に立てそうな事があれば、遠慮なく問い合わせて下さいませ。
時間はかかるかもしれませんが、誠意を持って対応するつもりであります。


さて!!真央ちゃんの試合を見る事が出来るのも…あと2試合となってしまいました。
そう思うとやはり…とても淋しいです(´・_・`)
でも私はフィギュアスケーターの真央ちゃんとしてだけではなく、1人の女性として彼女にめっちゃ幸せになって欲しいなぁと常々思っておりますので、肩の荷を下ろして欲しい気持ちもあるのです。
もう十分に長く、たくさんの人達の期待を担ってきたのですから。

あとは真央ちゃんが笑顔で終えられる演技が出来るのを祈るだけです。

d0262682_18184522.jpg

今夜(つうか未明?)のノク真央は、ラベンダー衣装のようですね。
ファンの希望アンケートの通りにしてくれたのかな?(笑)
真央ちゃんの体からショパンの音色が流れて来るような、そんな演技になればいいですね*・゜゚・*:.。.

それにしてもダンスはヤッパリというか…イロイロ&モロモロでした…(⌒-⌒; )
とりあえずはメリルとチャーリー、おめでとうです〜( ´ ▽ ` )ノ
今日はお仕事だったので、なかなかまだ選手達のコメントなどを拾えてませんが…
早速スコットってば(笑)
この続きは新しいブログで!!
[PR]
# by kfcct29mvq | 2014-02-19 18:42 | スケート

ソチ五輪のペアと男子の競技が終了しました。
それぞれLIVEで観た時との印象と、録画で見直してからの雑感は別に書いている途中ではありますが…

まずは、高橋選手&木原選手のペア
そして、羽生選手・町田選手・高橋選手のお三方

お疲れさまでした〜072.gif皆さんの頑張りに感謝です

そして ゆづおめでとう〜\(^o^)/
d0262682_18561126.jpg

立ち姿も美しいわあ*・゜゚*:.。. .。.:*・゜゚・*
安倍首相からも【美しい佇まい】と言われてました。
(安倍ちゃん、ゆづの喘息の事もご存知で…気遣ってくれてたそうですねー)
オリンピックチャンピオンというアナウンスに胸がジーンとなりましたヽ(;▽;)ノ

初めての五輪でエースを担う重圧、余計な?団体戦、過密な競技スケジュール、そして…仙台の方々への強い強い思い…これらを全て背負って結果を出した。
単純にメンタルが強いという言葉では言い尽くせない偉業だと思います!!

彼のFSの演技と結果について色々な感想や論調はあると思いますが、まずは素直に羽生選手を讃えて欲しいなぁと思います。
正直私も、えっ…ゆづが金メダル取っちゃったよー(;゜0゜)!?みたいに、最初はあっけなく感じる面がありました。
羽生くんがどうと言うより…GPFで自分が見た試合よりも、五輪はもっと高いレベルでの争いを想像してましたからね。
しかしこういう結果になったのは男子のプログラム構成が、前回の五輪から難易度をグッと上げてきた証拠でもあります。

今回の男子FSでは

クワドを2回、3アクセルも2回
クワドを3回、3アクセル1回
クワドを2回、3アクセル1回
クワドを1回、3アクセル2回

上記のようなパターンで高難度ジャンプの構成を組んでいた選手がほとんどでした。
いずれもこの予定をクリーンに成功出来た選手は1人もいないのです。
選手達がチャンピオンを目指して、それぞれ最高のレベルに挑戦したのだと思うと…よりアスリートらしい五輪だったんじゃないでしょうか?

勿論フィギュアスケートは芸術面も評価される競技ですから、その部分をより楽しみたい方にとっては不満の残る試合に感じることはあるでしょうね。
タラソワさんのコメントにはそんな思いが滲み出ています。
でも多くのスケートファンがバンクーバーで感じたあの違和感…。
4回転を跳ばない選手が金メダルを取り、4回転を成功、又は挑戦した選手がその下に順位付けられた。

それって本当にスポーツなの?
フィギュアスケートはスポーツじゃないの?
どうして前回の五輪よりもレベルが下がる競技なの?

そんな思いを堂々と公言したのがプルシェンコでした。
彼は個人戦の舞台に上がれなかったですけど、自分が求めたように今日の男子の競技レベルは確実に上がった。だからこそ出場したかったのかもしれません。
プルシェンコは男子の競技終了後に、すぐ表彰台の3人を讃える言葉を発しましたね。
高い競技レベルに挑戦した選手達に、この後を託す気持ちもあったかもしれません。

何にしろ羽生くんはこれで満足する選手ではないでしょう。
《ちきしょーサルコウ決まんねー!》
ってギリギリ歯ぎしりしてるに違いない(笑)
現在最も難度の高いジャンプ構成を組める彼が、これから更に表現やスケーティングも磨かれていくのを見れるのが楽しみです。
そしてそんな羽生くんが憧れのプルシェンコのように、これからの才能ある選手を引っぱっていくのでしょう。
それは…むしろイバラの道かもしれません。トップに立つということは、もうそこに居続けるか落ちるかしかないのですからね…。

しかも今は4回転時代と言われたソルトレイク大会の時代より、スピンやステップでも高度なレベルを要求される。
なので例えクワドと3アクセルが一回で3×3のコンボを含むプログラムでも、クリーンに滑りきるのは容易ではないのでしょう。
アメリカのブラウン選手がクワドを手に入れたら、もっと繋ぎの部分の難易度を求められる時が来るかもしれません。
そういう意味ではブラウンくんの活躍とジャッジからの評価が、また新しい時代の到来を予感させました。

それにしても…今大会のFSにこれ程ミスが多かった原因は、スケジュールがかなりタイトな為もあったと想像しています。
SPが終了したのが現地時間の0時前。その後にFSのドローがあり、SP上位の3人は更にプレスカンファレンスもありますからね。
それなのに翌日のFS練習は7時からの早朝に設定。これはショート・トラックの競技時間に左右されるからです。
羽生くんは2時間くらいしか眠れなかったそうで、多分Pちゃんやナンデスくんも…。
元々フィギュアの競技時間が遅すぎるという指摘はありました。
だって終わるのが0時ですよ(´・_・`)お客さんどうやって帰るんじゃー?って感じですよね。
五輪の競技時間は、常にアメリカの放送局のゴールデンタイムに合わせられているので…こういう事になりかねないのです。
今までの五輪はSPとFSの間に1日空きがありましたが、多分団体戦が入った事で他の日程を狭めなくては収まらなかったのでしょう。あーあ、つくづく無駄な団体戦…
男子でこれだから、女子はもっと過酷に感じられるでしょうね(>_<)真央ちゃん…

せめてSP後のプレスカンファレンスは無しにしてくれたらいいのに。睡眠時間を削ってまでメディアにサービスしてやらんといけんのん?
こういう事情が現地では分かっているクセに、2度の転倒でも五輪チャンピオンなの?とのイジワルな見出しをつけてる外国のメディアもあります。
自分達が選手の足を引っ張る片棒を担いでいて、よくゆーわ o(`ω´ )o
『今大会のスケジュールはハードで大変でしたね』とでも、声をかけてあげる記者は1人もいないのでしょうかね。

私は羽生選手が挑んだ超高難度のプログラムというものを、五輪という舞台で滑り切る事がどれだけ難しいものなのかをつくづく実感させられました。
それは真央ちゃんが女子選手でありながら、3アクセルを2度跳ぶプログラムに挑んだFSを思い起こさせます。
真央ちゃんは2度のミスがあった。
羽生くんも2度ミスがあった。
それぞれのライバルの演技の出来で、金メダルと銀メダルという結果の分かれ目に…。
羽生くんが表彰台に上がる姿を見ていて、勝負は時の運なんだなぁーとしみじみ感じました。
しかしそれに挑戦した2人の勇気はメダルの色は違えど、誰よりも讃えられていい挑戦だったと感じています。
勝負という面では、羽生選手は立派な勝者でした。


では勝者だけが目立った試合であったかといえば?
私にとってはそれ以上に目を惹きつけられたものがたくさんありました。

まずはジェレミー・アボット選手。
SPでの激しい転倒と、その後に立ち上がってノーミスで滑りきった姿。
翌日の練習ではスピンやステップもまともに出来ない状態だったそうです。
その為に難度を落としたプログラムであっても、男子選手唯一のクリーンプログラムを見せてくれました。
五輪チャンピオンに挑む演技ではなく、人の心に何かを残す演技。
羽生選手やチャン選手とは違う、フィギュアスケートが持つもう一つの魅力を彼が見せてくれたのです。もう…涙、涙でした。

そして高橋大輔選手。
試合前のインタビューから、彼が試合に挑める精神状態ではないんだろうなと感じていました。
その顔がとても穏やかで、NHK杯で見せた勝負師の顔とは全く違っていたからです。
彼がこの五輪で見せたのは、順位を競う演技ではなく高橋大輔の世界観だったのかもしれません。
観ている人に幸せな時間をくれる特別な選手。
高橋くんがファンや支えてくれる方々の為に滑ってくれたのは間違いないでしょう。
でも私は、何より自分の為に滑って欲しいと願ってました。
メダルはなくてもたくさんの感動をもらったよ、大ちゃん。
たくさんのファンも、このプログラムを振り付けたローリーも本望でしょう。

今回欧州の選手達は結果という意味では、厳しいものだったかもしれません。
しかしベテランでありながら果敢にクワド2回というプログラムに挑戦したジュベール選手。
彼は競技である以上、どんな時も挑戦者であることを辞めませんでした。
ベルネル選手も長い不調の時期を超えて、やっと彼らしい演技が戻ってきて嬉しかったです。
スケーティングはやはりさすが!彼も決してクワドを手放しませんでしたね。

銅メダルのデニス・テン選手はシーズン当初に原因不明の感染症にかかり、怪我も抱えて大変なシーズンだったと思います。
選手はドーピングの件がありますから、きっと強い薬も使えず苦しかったでしょうね。
四代陸での演技を見た時は、テンくんがまさかメダリストになるとは想像出来ませんでした。
他の選手の出来に左右された面があったとしても、彼もまた自分の演技をやりきった結果がメダルに繋がったのだと思います。
セレモニーで紹介された時は、そんな彼が1番大きな拍手だった気がしました。

忘れてはならないのが町田選手。
彼のFSのジャンプ構成も十分高難度だったと思います。クワド2回に3アクセル2回なのですから。
なのでSPのルッツが跳べてたら…彼がメダルだったろうなと思うと残念な気持ちもあります。
おそらく誰より彼がそう悔いているのでしょうね。でもワールドさえまだ出ていないのに、団体戦のFSまで滑ってこの結果。胸を張って欲しい。
最近は演技だけではなくその不思議さで(笑)存在感をドンドン高めているまっちー。
しかし彼がこの五輪に出場する為に、どれほど努力を重ねたのかを想像すると…本当に立派だったと思います。
日本の男子選手の中では常に高橋くんがキングで、誰もそこに辿り着けなかった。追いつきたいと口にするのも憚れる雰囲気もあったと思う。
織田くんや小塚くんがもっと高橋くんに勝ちたいという気持ちを全面に表していたら、もしかして今の日本男子の構図は違ってたかもしれないと私は感じていました。
そこに鍵穴を開けたのは町田くんだったんじゃないかなーって思ってます。きっとそれはとても勇気のいる事だったのでは…。
町田くんが勝ちたい気持ちや向上心をハッキリと公言するようになって、羽生くんがどれだけ楽になれたか…って思うんですよね。
彼がいつまで現役を続けるのかは分かりませんが、その向上心できっとどんなステージに移っても大丈夫な気がします。
とりあえずは初めてのワールドでメダルを取れたらいいですね。期待しています!

最後にフィリピン代表のマルチネス選手。
私が彼の演技を見たのは昨年の四大陸選手権でした。
え?こんな選手いるの?っと、アジア選手らしからぬ雰囲気と柔軟性が備わってる事に驚きました。
彼はアメリカで長野五輪チャンピオンのイリア・クーリックから指導を受けているのだそうです。
それってフィリピン国籍でアメリカ育ちなのかな?それとも国からの支援でそこまでの環境を整えてもらっているのでしょうか?
いずれにしても、日本と中国以外は有望な選手が台頭してこない中、彼の存在はなかなか興味深いですね。クーリックだって才能がない選手は引き受けないでしょうし…。
勿論まだまだこれからの選手ですけれど、フィリピン初の五輪出場を成し遂げた彼がどうやって成長して行くのか楽しみです。
キス&クライで無邪気にナショナルウエアを降っていたマルチネスくん。きっとフィリピンの代表がここにいるよ!っという精一杯のアピールだったのでしょうね。とても微笑ましかったです。

思えば今回のメダリストは全員アジア人!
日本人に香港系カナダ人、高麗系(決して韓国系ではアリマセン、あしからず)カザフスタン人。
6位以内に日本の3選手が全て入ったのだって快挙と言えるでしょう。
元々フィギュアスケートはアジア人の体型に適していると言われています。
もしかしてこれからはアジアの選手ばかりが活躍する時代がやってくるのかも。
それはそれでまた色々な問題が生じてくるのかもしれませんが…。
日本以外ではフィギュアの試合会場はどこでもガラガラですもんねー。
この五輪でさえプルシェンコがいなくなると…エーっていうくらいのガラガラ…(~_~;)
そんななか日本からはるばる観戦に行かれた方々が、精一杯の応援をされていました。
もしかしてロシア以外では、日本の観客が1番多かったんじゃ(笑)
おそらく日本のファン達は他国のどの選手にも、温かい拍手と声援を送っていてくれたに違いありませんね。
その方々にも、スケオタとしてお疲れ様でした〜!と感謝したい気持ちです。

さあ、残すところはダンスと女子ですね!!
[PR]
# by kfcct29mvq | 2014-02-16 20:53 | スケート

go for it!!!

いよいよあと3時間ですね…男子SP。
いやあ…緊張して眠れない(笑)梅酒飲も…。

今日の練習では羽生・町田両選手は好調を維持とのこと。
高橋くんはクワドが厳しいのかなぁ。せめてツーフットでも回転が足りてくれたらいいんだけど…。
プルは悪くはないけど、クリーンではない感じだった。疲れがあるのかも。
Pちゃんは昨日から復調してきてましたね。
フェルナンデス選手やレイノルズ選手、そしてワタシのジェレミーの映像は無いの?!えーん007.gif



Twitterで拾った羽生くんとナンデスくんの面白いお写真が
d0262682_20552518.jpg

同じグループでコーチも一緒の二人。練習も同じタイミングで終わりだそうで
d0262682_20555419.jpg

『ありがとうございました』
d0262682_2105316.jpg

あれ?一緒かよ(笑)みたいな


とにかく選手の皆さんが、良い演技と笑顔で終れますように!
[PR]
# by kfcct29mvq | 2014-02-13 21:08 | スケート

仕切り直し

フィギュアスケートの団体戦が終わりました。
そして…私のソチ五輪も終わりました…
なーんて事になってしまいませんよーに〜(T_T)びえ〜ん057.gif
でも慣れない団体戦、選手はよく頑張ってくれたと思います!お疲れ様でした〜
d0262682_8285038.jpg

高橋くんもソチ入りしてすぐ応援に!やはり彼がいると華やぎますね。
元気そうで安心しました(^O^)
d0262682_8320100.jpg

ところでまっちー、パーマかけたのね(笑)
d0262682_8323429.jpg

あーあー…>_<…な真央ちゃん、慰められてますね。
真面目な日本の選手にとっては、むしろ国を背負って…の方がプレッシャーだったかもしれません。


しかしここまでロコツにロシア上げを見ることになるとは(−_−;)やっぱおそロシア…
プル様もリプちゃんもあれだけの声援とプレッシャーの中、自分の出来る演技をしっかりしたというのはスゴイ事です。心臓どうなってるんかい?!
でも…2人ともあのPCSはないでしょー。シラケるわ…

プルシェンコ選手はジャンプなどの要素以外は、ほとんど魅せるべきものが無いプログラムだなぁという印象です。SPはごまかせても、ロングプログラムであるFSではそこが目立つんですね。
確かに彼にしかない存在感と独特な表現力は健在でしたが、繋ぎが乏しく…お休みしながら滑っている感じでした。それはきっと全てのジャンプを成功させる為でしょう。
そのジャンプもサルコウとループがダブルになってしまい、ノーミスではありませんでした。
なのに…クワドを3度成功かつ3アクセルの小さなミスしか無かったケビン・レイノルズ選手より、8点近くPCSで上回るとは?
一体どこがそこまでの評価の対象になったのでしょうか?

リプニツカヤ選手の演技もフィンランディア杯からヨーロピアンまでの演技内容と比べて、大きく進化したともブラッシュアップされたとも思えません。
そういう意味で彼女の演技は、スケートカナダで既に出来上がっていたと言ってもいいのかも。それはそれでスゴイ(笑)
私はGPファイナルで彼女の演技を生で観ましたが、テレビで見る時との印象差に結構な驚きを感じたんですよねー。
リンクでは彼女の動きや表現といったものは小さく見え、それを補うようにせわしく動いている感じを受けました。
なので動きにタメが無いというか…演技のリズムがずっと一本調子な印象だったので、ソトニコワ選手の方がPCSの評価が高いのはこういう所なのかなあと。
彼女より体の小さいラジオノワ選手の方が手足が長く感じられ、大きな動きで目を引いた位です。
(とはいえ、シニアらしい洗練した動きという意味ではまだリプちゃんの方が上)
並外れた柔軟性と大きなミスをしないのが彼女の最大の利点なので、それはきちんとエレメンツで評価されてしかるべきです。
後半にジャンプを5回入れる構成も、少女の体型とはいえ決して楽ではないでしょう。
しかし彼女のスケーティングで、これほどPCSに9点台が並ぶのは…ちょっと疑問。
これほど高得点ではないですが、彼女のPCSに高めの点数が出た試合をスコアで見ると…
自国でのロステレコム杯・ロシア国内大会・ヨーロピアン・今回の団体戦…といずれもホームアドバンテージが感じられます。

私にはジャンプとスピンの評価もナゾな面があるのですね。
リプニツカヤ選手のジャンプは高さがなく、横に向かって跳ぶ事で回転の滞空時間を保っていることは明らかです。
ISUはキムのコンビネーションジャンプに多くの加点を与え、それを正当化する方々が仰ってた《ジャンプの質》とやらの内容とえらくかけ離れてませんか?
しかも彼女のルッツは、国内大会以外ではeマークが付いて減点されていました。
珍しく(笑)今回の解説では、じゅんじゅんがそこに言及していましたが…今回スコアを見るとアレレ?
あの柔軟性の高いポジションでのスピンも回転こそ早いですが、毎回軸がズルズル移動するのはどうなんでしょうか?これって減点対象にならないの??

基本的に私は北米の選手よりロシアの選手の表現や身体性が好きなので、こういう感想を持ちたくなかったのが正直なところ…(。-_-。)
来季からは、ロシア女子の更なる成長が楽しみになっていましたし…
今回の点数の出方と、あからさまな身びいきの観客の態度にはちょっとなーって失望しました。
自国の選手を応援する以外の所でもロシアコールをするなんて、マナー違反もいいトコですね。
個人戦となれば各国からの観客で席が埋まると思うので、その部分が薄まる事を願います。
各国の選手達が日本の観客は素晴らしい、楽しみだと来日してくれるというのが…身にしみて解る気がしました。


そういえば…フランスのレキップ社がまたもやロシアとアメリカのジャッジの取引が…とか何とかゴシップを出してきたそうです。
正直またカナダか〜って気がしますけど(笑)

確かにプロトコルをじっくり見れば、Pチャンに高得点を出してるジャッジはプルシェンコに辛いですし、プルシェンコに高得点を出してるジャッジはPチャンにシブイ。
驚いたのはSDでテッサとスコットのPCSに唯一8点台を並べたジャッジが、ボブロワとソロビエフに全て9点台を出していた事です。
テサモエはツイズルで明らかなミスがあったとはいえ、スケーティング全体のレベルから言ってそりゃないでしょーっ!
FDでもテサモエは目立つミスは無かったのに、イリニフとカツァラポフとのエレメンツの差が0・01なんて!?
確かにイリニフ達はGPSより素敵に仕上げては来ていましたが…。
なんとなーくカナダ派とロシア派的な傾向が、採点表からもうかがえる気がしました。

でも散々北米メディアが煽ったソルトレークの時と違って、今回はロシアが開催国ですし…他のメディアが追従して騒ぐ展開にはなりそうにないかな。
カナダもさー、長野、ソルトレーク(バンクーバーは自国だから除外)と自国の選手の成績に納得がいかないと、
【何かある!ジャッジの取引だ!!】
って毎回けしかけてるよね(~_~;)
(カナダにはフランス語圏があるので、レキップはここからのソース?)
ここまでロシアがロコツにやらかしてんのも、ここ数年カナダが追い詰めたといってもいいんじゃ…
カナダでのテレビ解説はロシア憎しを隠そうともしないし、その被害はタラソワさんの振付の真央ちゃんまで及んで…(−_−#)
まあその前の長〜い過去はロシア(ソビエト)がやりたい放題だったとも言えるけど。

そんなこんなで、この先の個人戦も暗澹たる予想しか立たず…見通しは暗いのですが(オイッ…)日本の選手が全員納得できる演技が出来るのを祈祷するのみです(>人<;)


真央ちゃんについては、もう少し練習の段階からある程度の緊張感を味わっていた方が良かったのかもしれないですね。
団体戦にはわずかな選手しか出ず公式練習でも人が少なくて、多分…ゆったりと自分のペースを保っていられたのでしょう。
それが当日の午前の練習後に、試合に向かう前になって五輪であること急に意識させられた。
何というか…いつもの試合と同じような段階を踏んで入れなかったんじゃないかな。
そこが母国の期待を背負って、最初から絞るような緊張を保っていたリプニツカヤとの差になったような気がします。
反対にプレッシャーに弱いカロリーナは、自分を追い詰める事なく団体戦に挑めたように感じるんですよね。
彼女のアヴェマリア、素敵でした!カロリーナが1番だったと私は思ってます。

ファイナルでは公式練習から、真央ちゃんは他の選手を寄せ付けない風格がありました。
実はSP当日の朝の練習では、アクセルの軌道に入る真央ちゃんの側に何度もロシアの選手が横切り、跳べないで仕切り直すシーンが見られたのです。
まさか組織的にやってんじゃ…なんて思ってしまったのですが、ロシアならこういうプレッシャーのかけ方があってもおかしくないだろうなと私は思ってます。(過去のフィギュアの歴史から言って)
ですがこの時の真央ちゃんは、それに惑わされるようなスキが見られませんでした。
なのでファイナルでのあのSPは素晴らしいアクセルを跳んだのです(あれは絶対に認定レベル!)

今回の団体戦と同じく、個人戦での6分間練習でも思うような運びにならない(させてもらえない)かもしれません。
勿論、信夫先生も既にそれを想定されてるでしょう。
そうなった時にどう自分のペースを保つか、自信を持つか、そこが決め手になるかもしれません。
なんていっても練習ではあれだけ完璧なアクセルを跳んでいるのですから、もっと自信を持って他の選手を寄せ付けない雰囲気をまとって欲しいと思います。
あのアクセルを見せつけられる他の選手こそプレッシャーなのだと、誰よりも真央ちゃんが感じてくれたらいいのですが。
d0262682_9183519.jpg

うん、良い笑顔ですね!
この右側の方は韓国の記者に囲まれた時も必死にガードしてくれてました!
とにかくアルメニアではアッコちゃんと仕切り直して、ライオン真央になって帰ってきてくれるのを祈ってます!
お餅食べ過ぎちゃアカンよ(笑)
既に私の脳内ではアルメニアンダンスpart2が鳴りまくり〜060.gifハハ…
d0262682_2236165.jpg

まおまお、体調に気をつけて〜( ´ ▽ ` )ノ
[PR]
# by kfcct29mvq | 2014-02-11 09:39 | スケート

開会式

今日は朝寝坊してしまいました( ̄◇ ̄;)ヤバイ〜まだ2日目なのに…
とはいえ雪が(ベッタベタの)がちょっと積もっていたので、主人は言い訳が立つという話(笑)
多分高速で行ったと思いますが、道路の状態はどうだったかなぁー。
まあ連絡が無いというのは良い知らせってトコでしょう(^ν^)
首都圏は雪の影響があちこち出てるようなので、まだ日本を出国してないカナコちゃんは大丈夫かなーって、ちと心配。出発の日に影響が無ければいいのですけど…。

↓これは今朝の我が家の朝刊1面です
d0262682_12134172.jpg

オイオイ…いつ団体戦でメダルが取れそうな事になってるんだ…( ̄O ̄;)
アボたんがやらかしたとはいえ、これ以上アメリカが崩れる事は無かろうに。
もうこれ以上真央ちゃんに余計なプレッシャーをかけないで欲しいッス。
d0262682_1214172.jpg

しかし羽生くんのこの写真はイイですねぇ。ステップのところだと思うけど、良いアングル049.gif
そういえば最近ヘンテコ記事の若水って記者の駄文がありません。スケオタから抗議が殺到したのかしらん。
…と思ってたら、何故か安藤美姫ちゃんのコラムが出来てました。五輪期間限定?で何人かと交代しながら掲載されるみたいです。
内容は…コラムというより結局自分語り?自慢?で笑ってしまいました。どうして彼女こう…向いてない事選んじゃうんだろう(^_^;)
どうやら読売=日テレは美姫ちゃん使いたいのね(笑)しー様のコネなのか、バックの意向なのかは分かりませんが…


さて開会式、ロシア風味と音楽が満載でしたね。五輪が四輪になってしまったのはご愛嬌(⌒-⌒; )
プーチン閣下が激おこしたとか何とか??ハハ…
タラソワさんとタマラさんがプーチン閣下達とVIP席にいてビビりました(笑)
d0262682_13283712.jpg

このなんちゃってワシリイ大聖堂、ワタシ好み060.gifライトアップも綺麗ですね〜

演出の内容は、やっぱりロンドンにはかなわなかったってトコでしょうか?まあオーソドックスな感じかなぁと。
でもバレエと音楽は素敵でした。どれも知ってる名曲が、ロシアにこんなにあるってのもスゴイ事だと思うのです。
真央ちゃんが使ってきた《くるみ割り人形》《マスカレード・ワルツ》《スワンレイク》と、どれも使われてました〜!
あと公式ユニフォームもロシアらしくて、ロングコートは国旗の色に合わせて3色。アレ欲しいわぁ(*^^*)
ラルフローレンのアメリカはちょっと子供っぽかったかも。オサレ番長のフランスもそうでもなかったし。いつもダサいカナダですが、ダッフルは可愛かった。
私的にはスウェーデンが好きかなぁ。やはり寒い国に青って映えるって気がするのです。
日本は…ま、まあ無難が国技のようなものなので…突っ込まないであげて下さい。
しかも冬の五輪は寒さ対策が一番なのだし、国柄を示すデザインとかなら冒険しようがないのでしょう。


聖火ランナーは割とシンプルな選択だったんでしょうね。プル様が出るかも←(あり得ないけど)ってちょっと期待してました(笑)
ロドニナさんの演技、幼い時期ですが何となく覚えがあるんですよ。多分レークプラシッドなんでしょうけど、まさかワタシってその頃からスケオタだったのかしらん(゚o゚;;…

点火前に音楽が《火の鳥》になって、うわうわうわ〜と鳥肌立ちました(笑)まっちー見てたかな?
d0262682_13305837.jpg

次々に火が登って行くタイミングなどが、ちゃんと旋律に合わせてあって感動しちゃいました!
思わずウルウル…町田選手のFSも素晴らしい演技になればいいですね(*^o^*)


そして真央ちゃんの調子はとても良いみたいで、良かった〜053.gif053.gif053.gif
d0262682_13265061.jpg


アクセルもバンバン跳んでるみたいで、ライサがその様子を呟いてるとか(つか、あんたソチに行ってるんかい?!)
d0262682_1328910.jpg

色々なお写真を見ましたが、どれも本当にいい顔をしています。
後ろの女性、この方も確かタラソワチームの方だったような?なんて人なんでしょうか?

私は調子が良すぎるのも心配になったりして(笑)真央ちゃんが突っ走ってしまわぬよう、信夫センセイしっかり見張ってて下さいな(^ν^)


それからネットで拾った面白写真。
d0262682_13312387.jpg

シブタニ兄妹のアレックスくんと真央ちゃん。選手村で撮ったみたいですね。
真央ちゃん、団体戦の応援でも白パンツでした。膝の所にあるポイントはブランドマークかな?
寒い国だからこその白!可愛い〜072.gifなんか、アレックスと結構お似合いですねぇ。


d0262682_1455227.jpg

そしてこちらはスペインチームがマスコット達と。ナンデスくん、立派に旗手も務めてましたね!
ちょっと歩き方が乙女っぽかったような(^◇^;)ゆづといい…オーサーのとこって…


d0262682_1343885.jpg

最後にモロゾフ。高橋くんが大変な事に巻き込まれているっつーのに、何してるんだろ(笑)
ポスターのタラソワさんの真似なの???


さて私はもう祈祷師の支度をしなくては〜(#^.^#)
[PR]
# by kfcct29mvq | 2014-02-08 17:37 | スケート